読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渋った馬場で、あえて狙ったラブリーデイ

担当の池江調教師も、パンパンの良馬場ならとコメントしていましたが、もともとキングカメハメハ産駒はダート巧者が多数いることを考えると(ホッコータルマエとか)良馬場でなくて走る気がしていたんですよね。

 あとは相手が強ければ燃えるのがキングカメハメハ産駒の特徴ではないでしょうか。

 

今回の宝塚記念には、ラブリーデイの他にはアドマイヤスピカ、ディアデラマドレ、トウシンモンテステラと4頭の産駒が出場したのですが、充実度からラブリーデイを選択。勝った瞬間、気持ちよかったです。

 

2着と3着にはディープインパクト産駒のデニムアンドルビー、ショウナンパンドラが入線。昨日の馬場はディープ産駒には割引材料だと思っていたのですが、スローペースからあわやの2着まできたデニムアンドルビーには驚きました。はやくG1の勝利をモノにして欲しいですね。

 

大馬主の金子さんはダービー連覇などの偉大な実績をお持ちですが、意外なことに秋の天皇賞がまだ未勝利なので、ラブリーデイとデニムアンドルビーのどちらかが秋にはプレゼントしてくれそうな感じですね。

 

ディープインパクトキングカメハメハ秋の天皇賞に出ていたら勝ってたでしょうね!それにしても金子さんってスゴい偉大な馬主さんですね・・・

 

ダートでも馬場が渋るとキングカメハメハ産駒は強さが際立ちますね。相手が強くて馬場が渋る、昨日の宝塚記念はまさにキングカメハメハ産駒のラブリーデイにとっては格好のレースだったのでは?大本命のゴールドシップのやらかしがあったあとは、もうラブリーデイがどんな競馬をするのかだけを観ていれました。それにしてもゴールドシップ、お茶目な馬ですね。怪獣みたいに吠えてましたね(笑)