ゴールドシップが出遅れていなかったら、宝塚記念に勝っていたのか?

圧倒的な強さと、やらかしを兼ね備えた名馬、ゴールドシップが、今日も「やらかした」

 

見事に圧倒的な支持を集めて、圧倒的に「やらかした」

 

これはもう、わざとかもしれない。正直、今日はラブリーデイの単勝を買っていたので、やらかした瞬間に笑ってしまった。

 

では、やらかしていなかったら、勝っていたのか?

 おそらく、答えはノーだと思います。この名馬は、もう見事なまでに故障がない。爆発的な力を持ったサラブレットは、ボクシングで言うハードパンチャーのように、自らの力の強さに、拳を痛めるように、足を故障してしまう。

 

これまで、ゴールドシップが「やらかす」ときは、決まってオーバーワークの時だったのでは?馬自身が、これ以上、頑張ってしまうと、足が痛いって力を抜いたのでは・・・

 

ここまでの実績を残す名馬なので、これはあながち否定できないかも??みなが頭のいい馬というだけのことはあるのかも?

 

それにしてもラブリーデイの単勝は気持ちよかった。3連単は残念ながら取れなかったが、2着のデニムは馬連で100円だけ購入。嬉しい。

 

来週からの夏競馬に弾みがついた。